車のバッテリーを自分で交換!
ちょっと前のことですが、、、
最近、ほとんど車に乗ってないので、いざ車のエンジンをかけようとすると、、、
かからない。。。
バッテリー上がりです。
お恥ずかしい話ですが、ソニー損保さんにお願いしてロードサービスに来ていただきました。
結構早く来てくれるんですねー。たぶん、待ったの15〜20分くらいだと思います。
バッテリーチャージャーでエンジンかけてもらって、取りあえずは走れるようになりました。
無料で何度でも来てくれるなんて心強いなぁ。

でも、バッテリーももう寿命っぽいので、交換することにしました。
ただ、費用がいろいろみたいなので、ネットで調べると、コーナンでバッテリーを売ってるとのこと!
そういえば、チラシ来てたなぁ、、、
ということで、お店に在庫があるか聞いてみると在庫あり。しかも、4000円を切る値段です。

バッテリーを買う時の注意としては、今の型番をよく見ておくこと。
まぁ、まったく同じ型番なら問題なしです。
日本の車なら、最初の二桁の数字は性能(蓄える電気の量)、次のアルファベットはバッテリーの幅と高さ、次の二桁の数字はバッテリーの長側面の長さ、そして、最後のアルファベットはブラス側短側面から見た端子の位置(Lなら左側、Rなら右側)ということだそうです。
ということは、最初の二桁は大きくてもいいけど、あとは差し障りあるということですね。
それから、必要なのはスパナ。10〜14ミリのものですが、今回はねじのサイズを計って、安いスパナを買いました。

女性でも取り替え作業はできると思いますが、一番のネックはバッテリーが持ち上げられるかですね。そう、めっちゃ重い。。。
うちみたいに小さい車だといいけど、大型車なんかはちょっと無理そうですね。
バッテリーがひとりで持ち上げられる、分相応の車にしておこう。もしくは筋トレ??w

で、これが買って来たバッテリー。
箱が破れてるのは、写真を撮る前に開けたからです。
b0039026_181617.jpg

さて、いよいよ、車の方ですね。
まずは、ターミナル端子を外していくのですが、赤いキャップの付いてる方がプラスです。
外すときはマイナスからで、付ける時はプラスから!
これを間違えると最悪の場合、車が爆発する!!??
b0039026_1872073.jpg

あと、バッテリーを固定している金具類は結構複雑に取り付けてあるので、デジカメをつっこんでしっかり中を確認しておきました。(パソコン開けるときも必須ですぅ!)
上の方はわかりやすいのですが、、、
b0039026_1885211.jpg

奥は、こんな感じ。部品を落とさないように注意しないと!
b0039026_18100100.jpg

バッテリは持ち手があるので、しっかり支えて取り外します。(たぶん10キロくらいあります。)
外したあとは、受け皿が見えます。
b0039026_18105839.jpg

あまり汚れてないので、ごみだけ取り除いて、新しいバッテリーを入れました。
(汚い時は、お皿を外して洗うといいらしいですが、)
あとは、まぁ、外した時と逆の作業ですね。

車のキーを回して、まず電気系統が点くかどうか。
オッケーならエンジンをかけてみます。

大丈夫、エンジンもかかりました!
ねじが外れる様子もないですw。
(おいおい、、、)
電気系統はリセットがかかるので、時計とか、ラジオとかナビは再設定が必要です。
うちの車はCDをベェーって吐き出してました。(笑)
今回は私ひとりで、ボンネットを開けてから15分くらいで作業が終わりました。
超安上がりでした!

外したバッテリーは、レシートと一緒にお店に持って行くと無料で回収してくれます。
(レシートなければ500円かかるのかな?)
保証は2年あるし、こんなに簡単にできるなんてすばらしい!

インターネットで検索してみると、もっと詳しい説明や、動画での説明もあるので、困ってる方は一見の価値ありだと思いますよ!
[PR]
by reirei0120 | 2011-03-03 17:49 | 備忘録
<< iPadから投稿(テスト) 2月で終わらず続けて欲しい!叶... >>