ハッピー・トラックバックのお願い
えー、ハッピー・トラックバックのリンク先が変わってしまいましたので、こちらに転載します。
一読お願いいたします。
 
当ブログでは、送る側も受け取る側もハッピーで笑顔になれるトラックバックを心掛けています。お互いが気持ち良くやり取りをするために、次の約束ごとをお願いしています。

●記事の中にトラックバック先のリンクを入れて下さい。

記事を参照したり、記事を見て何かを考えるきっかけになったことを教えてもらうのはとても嬉しいことです。でも、トラックバック先に行ってみたら自分の記事に関することがどこにも見当たらず、寂しく思うことがあります。
せっかく相手にトラックバックを送るのですから、一方通行ではなくて、それをきっかけに交流が始まるといいなあって思うんです。
ブログの良いところはお互いが行き来できること(双方向)です。
同じような趣味や考え方を持つ人と話題を行き来させれば、お互いにより深い興味を引き出すことが出来ます。一方的に記事を書いて気が済むのならトラックバックは必要ないですし、人に見てもらって意見交換することにも意義があるはずです。
見に行った人がトラックバック先に戻って来られるようにリンクさせることが好ましいと考えています。

●関連性のない記事へトラックバックをしていませんか?

トラックバックは他のブログからいただく招待状のようなものです。招待状をいただくのはブログの管理人だけではなく、そこに見にきている第三者のお客さま宛でもあります。
もし自分が招待状をもらって出かけて行き、そこで何の関連性もない話題が繰り広げられていたら、がっかりしてしまいますよね?
本当にふさわしいトラックバックかどうか、送る前にちょっと考えてみて下さい。

●自分が記事を書いたことを知らせたいだけのトラックバックになっていませんか?

誰もが自分の記事を読んでもらいたい気持ちは分かります。しかし、いくら読んでほしいからといって手当りしだいにトラックバックを送るのでは意味がありません。
キーワードを検索してたまたまヒットした記事に「同じ話題だから」という理由だけでトラックバックする人がたくさんいます。
送られた側は「私の記事をちゃんと読んでくれていないな」「単なる宣伝なんだな」と感じ、トラックバックスパム(ゴミのような無意味なトラックバック)と判断し、削除の対象になってしまいます。読んでもらうどころかゴミ扱いされてしまうのでは、せっかく書いた記事が可哀想です。相手の記事への尊重にも欠けることになってしまいます。

ただし、検索して見つけた記事に参考になったものがあればどんどんトラックバックしてください。古い記事でも大歓迎です。その際、前記の約束ごとを満たしているかどうかを確認して下さい。

★ちょっとした思いやりで、送る側も受け取る側もハッピーで笑顔になれるトラックバックを心掛けましょう。

★誠に勝手ながら上記の約束ごとを守っていただけなかった場合、管理人の権限でトラックバックを削除させていただきますのでご了承下さい。

※美食と粗食のガストロノミー「ハッピー・トラックバックへのお誘い」より転載させていただきました。元サイトは変更になっているようですが、この主旨は引き続きお願いしたいと思いますので、ご協力お願いいたします。
[PR]
by reirei0120 | 2004-01-01 01:01 | 雑感
<< 明石 よし川のたまごやき