田辺屋(高槻市・閉店)の冬籠、夏籠
b0039026_18421995.jpg私の父方の墓地が高槻にあるので、お墓参りは高槻にも行きます。
今回は、久々に、創業天保8年(1837)の伝統ある和菓子屋さん、田辺屋に寄りました。
ひっきりなしにお客さんが来るのでちょっとびっくり。(笑)
b0039026_18423852.jpg田辺屋と言えば、「冬籠」(ふゆごもり)という棹物が昔から有名ですが、「夏籠」(なつごもり)というものもあります。(「夏籠」は4月~10月のみの製造。)
お店の入口に「夏籠はじめました」の紙が貼ってあって、ちょっと「冷やし中華はじめました」を連想したり。(笑)(前から気になってるんですが「はじめました」はよく見るんですが、「やめました」はないですよね。笑) 話を戻して(汗)、「冬籠」と「夏籠」それぞれ1本づつ買って帰りました。

b0039026_18425044.jpg■「冬籠」です。
簡潔に言えば、どら焼き(関西では「みかさ」と呼ぶことが多いかな)をロールにしたものですね。(笑)
しっかり甘いので、お抹茶か、しぶいお茶と一緒に食べたいお菓子です。
北海道十勝産の小豆、井戸水を使用し、くぬぎの薪と銅鍋で炊いているというこだわりの製法です。
b0039026_1843081.jpg■「夏籠」は、3種類あって、今回は道明寺粉と抹茶を使った「道明寺羹」にしました。
見た目がとても涼しげです。
こちらは夏向けの羊羹と言った感じでしょうか。
もっちりした道明寺がいいですね。
(他の2種は「琥珀糖」、「小倉道明寺」です。)


この田辺屋、実は、来るの、もう十年ぶりくらいです。
でも、小さいころから、高槻の和菓子=冬籠とインプットされてて、ほんわか懐かしいです。
祖母が生きていたころは、高槻にもよく行ってたので、ここのお菓子もよく買ってました。

田辺屋 本店
大阪府高槻市上田辺町5-18
Tel 072-0256
営業時間:9:00-19:00
定休日:毎週水曜日

※阪急高槻市駅北口前に支店があるそうです。

■関連記事
<大阪・高槻>田辺屋本店 夏籠 by あきんとんさん
  いや、本当にここのものは甘いです。(笑)
[PR]
by reirei0120 | 2005-08-14 18:47 | スイーツ・スナック
<< アルポルトカフェ(梅田・阪急ダ... キッチンむらうち(大阪・玉造)の夕食 >>